ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト> concrete5 > concrete5のsitemap.xmlのSEO対策設定方法

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:
ソーシャルブックマークに追加: Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録する Buzzurlにブックマーク登録する FC2ブックマークに登録する livedoorクリップに登録する newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

concrete5のsitemap.xmlのSEO対策設定方法

2012年09月19日

半年近くブログをサボってましたが、今回は直感的操作が特徴のオープンソースCMS「concrete5」のsitemap.xmlの意外と知らない便利な設定方法を紹介します。concrete5にはデフォルトの機能でsitemap.xmlを簡単に生成してくれる機能がついています。完全な自動ではありませんが、管理画面でクリックするだけでsitemap.xmlファイルを生成してくれます。


しかし、concrete5のデフォルト設定で生成されたsitemap.xmlファイルの中身を見てみると、changefreq(更新頻度)はweeklyとなり、priority(優先度)は自動的に振り分けられます。よりSEO対策を施すのであれば、このchangefreq(更新頻度)とpriority(優先度)を自分で設定したいところですよね?


意外と簡単に出来るんですよ!しかも、難しいPHPファイルとかを弄らずに、concrete5の管理ページから設定するだけでsitemap.xmlのchangefreqとpriorityが思いのままに変更できるようになります。


concrete5 sitemap.xml

concrete5のsitemap.xmlのchangefreqとpriorityの変更方法


ページ属性にchangefreqとpriorityを追加するだけです。これをすることで各ページに個別の設定が可能になります。それでは、concrete5のバージョン5.5.2の日本語版で説明していきます。


1. 管理画面の「ページ&テーマ」>「属性」


一番下の項目の「属性を追加」のプルダウンから「選択」を選び、新規をクリックする。

c5-sitemap-step01.png

2. 「ページ属性」にchangefreq(更新頻度)を追加


ハンドル: sitemap_changefreq
名前: Sitemap.xml change frequency(←ここは何でもOKです。)
値: 以下の項目を一つずつ「新規」で追加していきます。
always
hourly
daily
weekly
monthly
yearly
never
これでchangefreqの設定は終わりなので、右下の青い「新規」ボタンをクリック。

c5-sitemap-step02.png

3. 「ページ属性」にpriority(優先度)を追加


同じように新規で「属性を追加」して、
ハンドル: sitemap_priority
名前: Sitemap.xml change priority(←ここは何でもOKです。)
値: 1.0から0.1までぞれぞれ1つずつ「新規」で追加していきます。

c5-sitemap-step03.png

これでpriorityの設定は終わりなので、右下の青い「新規」ボタンをクリック。

4. 各ページでchangefreq(更新頻度)とpriority(優先度)の設定をする


任意の設定したいページの「ページ設定」>「カスタム属性」の中に
2と3で設定したchangefreqとpriorityがあるので、それぞれをクリック。
あとは、プルダウンで好きな値を選択し、「保存」すれば完了です。

c5-sitemap-step04.png

5. sitemap.xmlファイルを生成する


この作業は、新規でページを追加した場合などと同じで、サイトマップに変更があった場合にする作業です。

管理画面 > システム&設定 > 最適化 > 自動実行ジョブの
「サイトマップファイルを作成」を実行させれば、sitemap.xmlファイルが生成されます。
(既にsitemap.xmlファイルがある場合は、自動的に上書き保存されます)

c5-sitemap-final.png

以上でconcrete5のsitemap.xmlファイルのchangefreqとpriorityが思いのままに変更されてるはずです!
http://www.自分のドメイン/sitemap.xml で確認できます。

concrete5の動作環境

PHP 5.1.x以上(推奨 5.2.x)
MySQL 4.1以上(推奨 5.x 以上)
詳細は、http://www.concrete5.org/documentation/background/system_requirements/

concrete5関連サイト

関連記事


↓ブログランキングに参加中!読み終わったらクリックお願いします↓
にほんブログ村 IT技術ブログへ 人気ブログランキング FC2 Blog Ranking
関連タグ:オープンソース CMS concrete5 SEO
テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ
ソーシャルブックマークに追加: Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録する Buzzurlにブックマーク登録する FC2ブックマークに登録する livedoorクリップに登録する newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する
【2012/09/19 10:16】 | concrete5 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://opensourcecms.blog122.fc2.com/tb.php/83-2a8bac6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。