ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト> OsCommerce > osCommerce(オーエスコマース)について

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:
ソーシャルブックマークに追加: Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録する Buzzurlにブックマーク登録する FC2ブックマークに登録する livedoorクリップに登録する newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

osCommerce(オーエスコマース)について

2008年02月26日

osCommerce(オーエスコマース)とは、ECサイト(ショッピングサイト)構築専用のオープンソースCMS。このosCommerceから派生してできたのがZen Cart。ショッピングサイトが簡単に構築でき、デフォルトの状態でも十分すぎるほどの高機能ぶり。通常のショッピング機能だけでなく、管理者側の在庫管理、販促機能などの充実しているのが特徴。

現在のosCommerceのバージョンは2.2系ですが、開発の中心は3.0系に移行中。次のバージョンでは、PHP5に対応しPHP4には対応しないようです。

以前は日本語開発のコミュニティが存在していたのですが、現在はその存在がイマイチはっきりしていないのが難点です。bitscopeという会社が、osCommerce に関する日本語ドキュメントを提供しているようです。一応osCommerce日本語開発サイトに、フォーラムがあるようですが、イマイチ活気がないのが現状です。


osCommerceの主な特徴・機能


ECサイト、ショッピングサイト向け

商品管理が簡単

管理画面より、カテゴリの管理、商品の価格、重量、型番、説明、在庫数などを登録するだけで商品ページが自動で生成されます。商品数を設定する事で、在庫切れの場合でも自動的に注文を受けつけない機能もあります。

特価商品・おすすめ商品を自由に登録し、PRすることができます。特価商品は、値引き価格を%または金額で簡単に設定でき、期間なども設定することが可能。

会員登録機能で簡単顧客管理

顧客を一覧を表示し、個別に注文履歴等の詳細を確認することができます。

メールマガジンの発行機能

メールマガジンの購読を希望者には、一斉にメール送信することができます。 また、それぞれの商品のお知らせメールを希望者に、メールを送る機能付。

多言語のECサイト構築可能

言語ファイルをインストールする事で多言語対応のショッピングサイトが構築可能。デフォルトで英語と日本語が用意されている。また、通貨の設定をする事で、多通貨での経営も可能。いずれも利用者がページより切り替え可能。


osCommerceのメリット


日本語環境が豊富

長年にわたる世界的開発により、やはり歴史がある分、他のECサイト専用CMSに比べると資料が多いです。日本語のウェブサイトや参考書籍なども容易に見つけることができると思います。オープンソースCMSの中では、Xoopsと同じくらいの日本語情報量が多いのではないでしょうか。



モジュールの多さ

やはり歴史がある分、モジュールも比較的多いようです。日本人開発者も多くいるので、日本語対応モジュール(有料・無料)などもZen Cartに比べると見つけやすいかと思います。



osCommerce対応サーバが多い

ショッピングサイト構築用のCMSと言えば、osCommerce。という感じなので、多くのレンタルサーバがosCommerceに対応しています。サーバを探すのは比較的簡単かと思います。また、osCommerceをプリインストールしているサーバ会社もあるので、サーバの知識がなくても簡単に利用できるところもあるようです。



テンプレートが豊富

全世界で無料・有料のosCommerceのテンプレートが配布されてるので、見つけるのは容易です。しかし、そのほとんどが英語なので、日本語や多言語対応のテンプレートとなると探すのは困難かもしれません。



osCommerceのデメリット


SEO機能が不足

現在のオープンソースCMSと比較すると、かなり作りが古くSEO機能がほとんどないのが現状です。ベースとなっているバージョンが古いせいか、テーブルレイアウトで構成されていて、RSS配信などもありません。



デザイン修正が難しい

デザインを一からカスタマイズするには、HTMLだけでは修正ができず、PHPファイルの一部にも手を加えなくてはなりません。デザインレイアウトは、主にテーブルでレイアウトさているので、デザイン修正が難しく、各パーツにもテーブルが使用されているため、PHPファイルを修正する必要があります。そのため、HTMLの知識意外に、PHPの知識も若干ですが必要になってきます。派生したZen Cartのほうが、ややデザインのカスタマイズがし易いです。




osCommerceのまとめ

やはり、osCommerceは、少し古い印象を持ちます。後発のZen CartEC-CUBEのほうが機能や扱いやすさなども面からも優れているかと思います。ただし、開発者の数から言うと、osCommerceが圧倒的に多く、モジュールなどは探しやすいかもしてません。


デザインや機能のカスタマイズができるだけの技量があるのであれば、Zen Cartのほうをお薦めします。自分でカスタマイズするのが難しいようであれば、お金はかかりますが、有料サービスなどの多いosCommerceを使ったほうが良いかもしれません。



動作環境


PHP PHP 4.1.x 以降

データベース: MySQL 3.2.x


関連サイト



↓ブログランキングに参加中!読み終わったらクリックお願いします↓
にほんブログ村 IT技術ブログへ 人気ブログランキング FC2 Blog Ranking
関連タグ:オープンソース CMS サーバ osCommerce SEO Zen Cart EC-CUBE
テーマ:ホームページ - ジャンル:コンピュータ
ソーシャルブックマークに追加: Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録する Buzzurlにブックマーク登録する FC2ブックマークに登録する livedoorクリップに登録する newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する
【2008/02/26 13:37】 | OsCommerce | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
→http://opensourcecms.blog122.fc2.com/tb.php/22-48d75435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。