ホーム > スポンサー広告 > スポンサーサイト> CMS全般 > オープンソースCMSは無料!

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:
ソーシャルブックマークに追加: Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録する Buzzurlにブックマーク登録する FC2ブックマークに登録する livedoorクリップに登録する newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

オープンソースCMSは無料!

2007年10月22日

CMSには有料のものと無料のものが存在しますが、管理システムが高機能なだけに有料のものは非常に高価で、個人では手が出ないほど費用がかかってしまいます。

しかし、そんなCMSでも無料のものが存在し、一般的にオープンソースCMSと呼ばれています。誰もが無料で利用でき、自分の好きなようにデザインや機能をカスタマイズすることが可能なのです。

どうして、無料で利用できるのか?それは、オープンソースだからです。オープンソースとは、ソフトウェアのソースコードを無償で一般に公開し、世界中のプログラマー、デザイナーなど、誰でも自由にそのソフトウェアを改良して再配布することを許すソフトウェア開発方式なのです。このオープンソースCMSに限ったことではなく、代表的なものだと、OSのLinux、ウェブブラウザのMozillaなどがあげられます。無料で高機能なCMSが利用できるのは、世界の技術者のお陰なのです。

世界中にはかなりのオープンソースCMSが存在し、日々進化し続けています。日本で人気なのがXoops、世界ではJoomla!、Drupal、Geeklog、MODxなどでしょうか。それぞれのCMSには特徴があり、製作するウェブサイトの内容にあわせて適切なCMSを選ぶ必要があるでしょう。

オープンソースCMSのほとんどは、デザインテンプレートやプラグイン・プログラム(CMS内で使える機能追加プログラム)が数多く存在し、その多くが無料でウェブサイト上で配布されています。中には本当にクオリティの高いものがあり、非常に驚かされます。多くの技術者が開発しているCMSほど、使いやすい言えます。

個人的には、Joomla!がおすすめですが、素人向けのCMSではありません。HTML(XHTML)&CSSの知識は必須で、それ以外にPHPを知っているとかなり高度なウェブサイトを制作することが可能になります。一方、日本で人気のあるXOOPSは、素人でも簡単に扱えるCMSだと思います。

各オープンソースCMS(コンテンツマネジメントシステム)の長所・短所、特徴に関しては、それぞれのページで解説していきます。
関連記事
関連タグ:オープンソース CMS joomla xoops CSS SEO XHTML
テーマ:ホームページ - ジャンル:コンピュータ
ソーシャルブックマークに追加: Google Bookmarks に追加 はてなブックマークに登録する Yahoo!ブックマークに登録する Buzzurlにブックマーク登録する FC2ブックマークに登録する livedoorクリップに登録する newsingブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する del.icio.usブックマークに登録する
【2007/10/22 19:27】 | CMS全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オープンソースCMS機能比較一覧表 | ホーム | CMSとは?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://opensourcecms.blog122.fc2.com/tb.php/2-edad99d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。