ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連タグ:
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

レスポンシブ対応のおすすめオープンソースCMS

2013年02月20日

最近巷では、スマートフォンやタブレットの急速な普及にともないレスポンシブ・デザインのウェブサイトが増えつつあるようです。レスポンシブ・デザインとは、PCやスマートフォンなど画面サイズの異なる状況ででウェブサイトを閲覧しても自動的に最適な表示できるデザインのことを言います。


通常のウェブサイトは、別で携帯用のサイトを制作し、別のURLで表示させるのが一般的でしたが、オープンソースCMSにもスマホ対応のレスポンシブ・デザインを導入するにはどうしたらよいのでしょうか?


レスポンシブ対応オープンソースCMS
スポンサーサイト
関連タグ:オープンソース CMS joomla WordPress
テーマ:WEBデザイン - ジャンル:コンピュータ
【2013/02/20 09:51】 | CMS比較 | トラックバック(0) | page top↑

concrete5のsitemap.xmlのSEO対策設定方法

2012年09月19日

半年近くブログをサボってましたが、今回は直感的操作が特徴のオープンソースCMS「concrete5」のsitemap.xmlの意外と知らない便利な設定方法を紹介します。concrete5にはデフォルトの機能でsitemap.xmlを簡単に生成してくれる機能がついています。完全な自動ではありませんが、管理画面でクリックするだけでsitemap.xmlファイルを生成してくれます。


しかし、concrete5のデフォルト設定で生成されたsitemap.xmlファイルの中身を見てみると、changefreq(更新頻度)はweeklyとなり、priority(優先度)は自動的に振り分けられます。よりSEO対策を施すのであれば、このchangefreq(更新頻度)とpriority(優先度)を自分で設定したいところですよね?


意外と簡単に出来るんですよ!しかも、難しいPHPファイルとかを弄らずに、concrete5の管理ページから設定するだけでsitemap.xmlのchangefreqとpriorityが思いのままに変更できるようになります。


concrete5 sitemap.xml
関連タグ:オープンソース CMS concrete5 SEO
テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ
【2012/09/19 10:16】 | concrete5 | トラックバック(0) | page top↑

Magentoの翻訳ファイルの修正方法

2012年03月12日

ECサイト(ショッピングサイト)構築用のオープンソースCMS「Magento」は、海外で非常に人気のあります。その理由は、デフォルトの状態でかなり高機能で、自由度が高いという点だと思います。osCommerceやZen Cartでは実現できないことが、出来てしまうのです。しかし、その高機能、自由度が高いということは、裏を解せば、難易度が高いということなのです。


日本ではECサイト用のオープンソースCMSと言うとEC-CUBEのが有名ですが、やはり日本語以外の多言語のショッピングサイトを構築するとなると使いにくかったりする場合が多いようです。そうなると、選択肢として海外のオープンソースCMSとなり、いくつかある中から「Magento」が無難なのではないでしょうか。しかし、日本ではそれほど人気があるわけではないので、情報が少ないのが現状です。


さて今回は、Magentoの意外と知らない便利な使い方を紹介したいと思います。通常CMSは多言語化が容易で各言語ファイルが用意されているかと思います。その一部の翻訳を独自の翻訳にし修正したい場合は、どうするかというと、大抵はその言語ファイルを修正します。しかし、翻訳ファイルが複数存在し、該当する翻訳したい箇所がなかなか見つからないといった問題が発生します。Magentoの場合も、翻訳用のCSVファイルが60近くに分かれていて探すのに一苦労。


magento-top.jpg
関連タグ:オープンソース CMS Magento
テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ
【2012/03/12 14:11】 | Magento | トラックバック(0) | page top↑

オープンソースCMS「concrete5」の5.5の管理画面はどうなの?

2012年02月10日

直感的操作のできるオープンソースCMS「concrete5」の最新版5.5系バージョンが去年の年末頃にリリースされ、現在は5.5.1が最新になります。日本語バージョンはもうすぐリリースされる事を期待したいところです。

今回のバージョンアップで管理画面が大きくリニューアルされました。外観もそうですが、機能面も今までのconcrete5と比較するとかなり変更されています。実際にインストールして使ってみたのですが、ん~ん、どうなの?って感じです。


concrete5-20120210.jpg
関連タグ:オープンソース CMS concrete5
テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ
【2012/02/10 13:28】 | concrete5 | トラックバック(0) | page top↑

オープンソースCMS「Joomla!」2.5リリース寸前!?

2012年01月20日

Joomla 1.7がリリースされてから、約半年がたった時点で次はメジャーバージョンアップ版のJoomla!2.5が2012年1月24日にリリース(予定)されようとしています。これに伴いJoomla!1.7のサポートが2012年2月24日で終了し、Joomla!1.5の開発が2012年4月で終了します。この新バージョンJoomla!2.5は長期サポートをする予定で、少なくともリリース後18ヶ月間はサポートするとのことです。


今回はメジャーバージョンアップにもかかわらず、現行バージョンの1.7からのアップグレードは非常に簡単にできるようです。しかし、1.5からの移行作業は簡単には大変な作業になると予想されます。1.5で構築したさいとであれば、ちょうど3、4年が経ちデザイン的にも古くなってきた頃なので、データベースの移行などをせずに、サイトリニューアルも兼ねて、初めからつくり直したほうが良いかもしれません。


joomla25.png
関連タグ:オープンソース CMS joomla
テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ
【2012/01/20 07:18】 | Joomla! | トラックバック(0) | page top↑

直感的編集ができるオープンソースCMS「ImpressPages CMS」

2011年12月14日

今回ご紹介するオープンソースCMS「ImpressPages CMS」は、本来のCMSの姿である「誰でも簡単にウェブサイトの編集管理ができる。」に当てはまるのではないかと思います。このCMSのキャッチコピーが「Drag and drop interface web CMS」(ドラッグ&ドロップのインターフェースのCMS)であり、まさに操作の多くは、直感的なドラッグ&ドロップでOKなのです。


直感的操作のCMSとしては「concrete5」というオープンソースCMSがありますが、concrete5と比較するとImpressPages CMSの方がよりシンプルで管理画面もすっきりしています。ページの編集方法は、両者とも実際のページを見ながら編集でき、非常に簡単です。


ImpressPages CMS
関連タグ:オープンソース CMS ImpressPages concrete5
テーマ:WEBデザイン - ジャンル:コンピュータ
【2011/12/14 11:52】 | CMS全般 | トラックバック(0) | page top↑

2011年オープンソース・アワード結果発表

2011年11月14日

2011年度のオープンソースアワードの結果発表されました。果たして一番注目している「オープンソースCMS」部門は、どのCMSが優勝したのでしょうか?

まず、将来有望なオープンソースプロジェクト部門(Most Promising Open Source Project)。5つのノミネート中、2つのCMSが選ばれていたのですが…
関連タグ:オープンソース CMS joomla Drupal
テーマ:ホームページ・ブログ制作 - ジャンル:コンピュータ
【2011/11/14 06:01】 | CMS全般 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

オープンソースCMS関連最新ニュース

Loading...
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。